中グループの歴史

1921年(大正10年)に創業された中小路貨組貨切運送店を前身にもつ、中貨物自動車 株式会社は「お客様に愛され、お客様を愛する物流プロデュース企業」をスローガンとして、創業以来88年間、顧客を第一の精神に徹し、一貫して安全で、安心して業務依頼できる企業として成長してきました。

とくに運輸だけでは、トータルに物流をプロデュースすることはできないと考え、1975年からは倉庫業の事業展開を開始し、単なる運輸業にとどまらず「お客様の資産を安全に保全し、確実に納品する」というコンセプトのもと、保管から仕分け作業、配送に至るまで物流代行請負業を確立し、お客様の物流費削減を実現しております。
これは、弊社が運輸・倉庫を基幹事業とし、基本的なアウトラインは一貫しているものの、時代や各企業のニーズをいち早く採り入れ、その中でもっとも最適なものを提供できるよう変化していくという弊社の柔軟性を示しております。
近年、弊社の事業として新たに加わった引越事業、ETCシステム事業などは、そのことを如実に表しているといえましょう。

また、事業を多角化することで、各事業で得られたノウハウを他事業へフィードバック出来るというメリットがあり、物流企業としてのサービス向上、引越事業における確実で迅速な輸送等々、多くのノウハウを蓄積することが出来ました。
換言すれば、お客様のニーズにより新規事業を開始しそのことにより弊社各部門が成長し、そしてお客様に新たなサービスを還元できるということに他なりません。

そうしたなかで2007年新たに倉庫事業を主業務とする株式会社中貨物を設立。
さらに2008年、株式会社中商事を設立し、お客様の希望するロケーションで、お客様の商品を保全、仕分けして、全国に発送するという新たな事業も開始いたしました。
具体的には弊社が倉庫業を開始して以来行ってきた物流アウトソーシング事業をより高度に行うもので、
長年考えておりました物流のトータルプロデュースを新しい形で実践するものです。

弊社は2020年には創業100周年を迎えます。
中貨物自動車、中貨物、中商事の3社、中グループとして、「Eyes do! I do! 愛 do!」すなわち、「つねに正確に目で追い、的確に行動し、愛をお届けする」をコンセプトに100周年に向かって邁進してまいります。

今後もお客様のよりよき物流パートナーであり続けられるよう、企業の成長と永続を誓います。
これからもお引き立てのほど、宜しくお願いします。

荷増大/売上増大 「あのお店は、いつでもスグくる!」を目指して荷増大/売上増大 「あのお店は、いつでもスグくる!」を目指して

ページの先頭へ


お問合せフォーム